MESSAGE

 

message_logo2

 

文化人類デザインとは

 

デザインは必ずしもきらびやかである必要はない、必ずしもスマートである必要はない。
我々はともすれば一般印象と少し違うところにデザインの概念を置いています。

デザインとは、生活そのものであり、文化、風習、習慣、歴史、風土などにまつわるものである。
さらには感情や人情、人生の機微など様々な情感の文脈を汲み取ったものごとの積み重ねの融合であると考えています。
そこから編み出されるデザインは時にプリミティブであり時にコンテンポラリーであり、可愛かったり無骨だったり
ミニマルだったり混沌であったり。
その物語にある「美」を見出しそれを「編集」し、そして「情緒」を以て伝える。

ユナイテッドデザインでは「文化人類デザイン」という新しいデザインカテゴリーを作りそれぞれの専門領域に境界を設けず
丁寧にフィールドワークを重ねて作品の制作に取り組んでいます。